素敵なご近所さん

近所を散歩していたとき、あまりにバラがきれいに咲いているお家があって、

娘と「ワーッ、すごい、きれい、どうして!!!」と騒いでいたら、

お玄関のところにご主人がいらして、

「よかったら、庭もご覧になってください」とにこやかに誘ってくださいました。

「えーーーっ、いいんですかーーー???!!!」と嬉しい戸惑い。

早速中に入れていただいたところ、種類も色も大きさもさまざまなバラ達が

今を盛りと、お庭中に咲き誇っていました。

まあ、我が家はなかなかバラを上手に咲かせられないのに、魔法みたい。

こつを伺うと、「2月から、毎週1回の殺虫剤と肥料ですね」とのこと。

肺がん経験者の私は、環境のことも考えると、毎週の殺虫剤には正直抵抗がありますが、

最近は無害の散布剤もあるので、来年は頑張ってみようかな、と夢はふくらみます。

 

「以前は山野草を育てていたんですが、気温が高くなり過ぎて、育たなくなって、

バラに変えたんです」とのこと。ちょっと複雑な気分も味わいましたが、

「そこの角に住んでいる和田です」

「ああ、そうですか、いつでもいらしてください」と、

お花が縁で、すっかり親しくなりました。

通りがかりの知らない人を、快くお庭に入れてくださるなんて、

素敵ですよね。なんだか心がほっこりしました。