最悪のタイミング

次女がお産をしてこの家に里帰りをする前日、仕事中の私に、

同居している三女からラインが。生後五ヶ月の赤ん坊がいる。

「自分が吐き下しが酷くて、熱も高くて、授乳も出来ないしどうしよう」と

泣きそうなくらい差し迫った様子。

ミーティングを早引きして大急ぎで帰宅したら、

若パパも既に帰宅してくれていたのは助かった。

 

さて、次女は生まれたての赤子を連れてこの家に帰ってきていいのか、

母乳しか受け付けない三女の子に何をあげたらいいのか、

そもそも、三女を病院に連れて行ったほうがいいのか、色々なことが頭の中を駆け巡った。

 

まずは赤ん坊に食事を。と言っても、哺乳瓶どこだっけ。

煮沸して、っと。飲まなかったらどうしよう、、、

と思いながらあげてみると、奇跡的にちょっぴり飲んでくれて、ご機嫌に。

若パパと一緒に、大喜び、一安心。

その間も娘はトイレ通いで、よれよれ。

 

 

ここで次なる試練が!!!

若パパが、「僕も吐き気がしてきた」と。

うそーーー、えーっ、なんだって、やめてー?!

そしてさらに、なんと私自身も吐き気に襲われることに。

 

ここで、翌日里帰り予定の次女に

「こんな状態だから、なんだかわからないけれど、うつったら大変だから、

自分の家に帰ったほうがいい」と連絡。次女ショック!可哀想に。

その間にも、若パパは、吐き気があるにも拘わらず、赤子を寝かせつけてくれて、

夜中には、よれよれの娘が何とか頑張って母乳をあげ、その日は何とか切り抜けた。

でも、私も、若パパも、ママも、全員気持ち悪過ぎて眠れず。

 

疲れ切って迎えた翌朝、不安そうな顔で次女とそこの若パパが、

とりあえず使うものを取りにきて、でも実家に戻れず、帰っていった。ごめんね~~

 

それから2日経ち、まだふらふらだけれど、大人たちは少しずつ良くなり、

多分2,3日うちには次女も里帰りできるはず。

 

ウイルス性胃腸炎ということだが、なんと言うタイミングの悪さ!

でも、救いは三女の赤ん坊が元気でご機嫌でいてくれたこと。

生まれたての次女の赤ん坊も元気で、次女の回復も順調なこと。

長女が元気で、次女のところにヘルプに行ってくれること。

若パパ達が優しくて頑張ってくれてること。

私は軽く済んだので、もう大分動けること。

 

あーーー疲れた、あーーー焦った