振り子の原理シリーズその3

s_33.jpg 私が大きく変わった出来事1。それは大好きな尊敬していた弟が亡くなったこと。

 6歳年下の弟はとても優しく、兄のような存在でした。私を妹のように可愛がってくれて、私達二人はとても仲の良い姉弟でした。

 8歳で発病し18歳で亡くなるまで、人生の半分以上を病との闘いに費やした弟でしたが、何時でも優しく微笑んで、周りの人のことを深く思いやり、誰にでも愛情深く接していました。その当時私は弟と過ごすのがあまりに楽しく、同世代の男の人には興味なし。勿論彼氏無し。

 その弟が亡くなったときの心がえぐりとられるような苦しみ。。。それまでと同じように太陽が昇り沈み、人が普通に笑い話しているのを、よその世界で起きているような不思議な感覚で見たのを思い出します。

 さあ、この負の方向に飛び跳ねた振り子は、一体どうなったでしょうか?

 あまりにも悲しい経験ですが、そのお陰で「命があるってなんて素晴らしいことなんだろう」ということと「人生の密度は、どれだけ愛したかだ」という当たり前のことが、実感として心の真ん中にドカンと入り込んでくれたのです。それ以来「命を守ることと、愛せるだけ愛したい」以外のことでは殆ど悩まなくなりました。

 こう考えると、生きるのがとってもシンプルで楽でしょう?