優しいご近所さん

お隣のIさんのところには、年長の娘さん、Aちゃんがいて、うちの1歳の孫をとても可愛がってくれる。

Iさんからは、使わなくなったオモチャや本を頂いてるし、孫はAちゃんのお古の白い日よけ帽子をかぶってお出掛けしてる。

お母さんがとても良い方で、うちの娘は最近の育児情報をもらったりしている。

(私からの情報は古すぎて、却下されることが多いのです)

 

反対側のお隣さんは、私より大分先輩のオバサンで、私が草むしりなどやっていると

「よく頑張るわね~」なんて、ほめてくれる。私は、それがすごく嬉しい。

:.゚ヽ(´∀‘。)ノ゚.:。 ゜

そしてお互いに、息子がどうの、娘がどうの、腰が痛いの、疲れただの、ぼやきあう。

 

3軒くらい先の、やはりちょっと先輩のオバサンは、ゼラニウムが好きで、

その話題で盛り上がったり。

つい最近も「ゼラニウムって、差し芽で増やせるのよ」と教えてくださり、

さらに1本差し芽ようにくださった。

早速植えてみたところ、数日後にはうまく根付いたようで、新しい蕾がついた。

勿論私は、「つぼみつきました!!!」とお知らせしましたよーーー

 

もう少し離れたおうちだけれど、あまりにお庭のお花たちが美しく咲き乱れているのを、

娘とじっと覗き込んでいたら、「良かったら、中に入ってご覧ください」と声を掛けてくださった。

「前は山野草を育てていたのだけれど、気温の上昇で難しくなり今はバラが中心です。

2月から、毎週決まった日に、すべての株に肥料を与え、虫対策もやっています」と。

さすが、咲き誇るだけのことはあるよね~~、と、娘と感心アンド納得。

 

ほかにもいろいろ楽しい、優しいご近所さんたち。

8年前に母が亡くなった時、自宅で行った葬儀に、

びっくりするほどたくさんいらしてくださったな。

 

ありがたや~、ありがたや~~