救急車

救急車って、乗ったことありますか?

私は患者として1回、付き添いとして20回くらいあります。

どちらにしろ、とても辛い経験でした。

病人本人は勿論、苦しい、痛い、が半端じゃない状態。

普通にタクシーなんかでは無理で間に合わない訳ですから、

 

そうなると、付き添う人も「病院に着くまでにどうにかなってしまうんじゃ」と

大変な不安に押し潰されそうになりながら、泣きそうになりながら乗っているのです。

 

私は、救急車の音が聴こえるだけで、耳を塞ぎたくなるくらい辛い時期がありました。

 

その救急車が、昨日の夜、私の家のすぐ近くに停まりました。

斜め向かいのKさんか、お隣のTさんのところで何かあったのでしょう。

ああ、どんなことが起きているのだろう。どなたがどうなってしまったのかしら。

しかも、なかなか出発しません。

そういう時はいくつか理由が考えられるのですが、どれも良い兆候ではありません。

 

よその家のこととは言え、胸が苦しくなるくらい気掛かりで、

やっと救急車が走り出したときは、ほんのちょっとホッとしましたが、

私は知っています、病院に着くまでが次なるハードルで、

病院に着いてからは、辛い病人〔怪我人〕がいくつか検査を受けなくてはならない、

と言う更なるハードルがあり、しかも治療が始まっても状態が落ち着くまで、

結構な時間が掛かる、と言う、更に次のハードルが待っていることを。

 

色々思い出してなかなか寝付けずにいると、真夜中を大分過ぎてから

1台のタクシーが停まりました。そう、家族の方が帰ってきたのです。

さぞ疲れたことでしょうし、そもそも大丈夫だったのだろうか。

 

今のところ詳しい事情はわかりませんが、

大事ではないよう祈るばかりです。

 

母が亡くなってから8年余り。

救急車を呼ぶ必要の無い日々が続いています。

まるでそれが当たり前のような感覚になり始めていましたが、

改めて痛感しました。それって、なんて有り難いことなんだろう、と。

 

当たり前、と思っていることが、実は奇跡のように幸せなことだ、

と言うのは、よくあることです。これも気付かないと勿体無いですよね。