絶不調 その2

寄せ植え.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体の調子が悪いと、どれだけ心も辛くなるか

今までにも経験はありましたが、今回改めて

「いや!」というほど実感しました。

だって、何も出来ないんですから。

ちょっとしか歩けない、食べられない、

お庭にも出られないので、草花の世話ができない、

大体、起き上がるだけでしんどい、

声が出ないので話せない、

テレビを見るのも疲れるから,ちょっとしか見られない、

ない、ない、ない・・・ ( ̄◇ ̄;) ガ~~ン!!

 

何も行動が出来ずに、ただ安静にしていると

考えても仕方ないこと、考えないほうがいいこと、

思い出すと辛くなること、などなどが、

頭の中にどんどん湧き出てきて、それに「心がやられる」んですね。

身体が動かせれば、何か「する」ことで、気分転換をしたり、

楽しんだり、問題を解決したり、忘れたり、色々出来るんですが・・・

そんなですから、身体は安静にしていても、心は休まることがない、

だから、体調もなかなか回復しない

まさに、立派な「悪循環」にはまっていました。

 

「エエッ?! カウンセラーなのに???!!!」

はい、はい。 カウンセラーだって、ただの人間ですし

辛いときも,悲しいときもあるんです。

明日も続きを~

 

(今日の写真は、ちょっとよくなったときに、近くのホームセンターに娘とタクシーで行き、フラフラしながら苗を買い、やっとの思いで植えたものです。そしてそのあと、しっかりぶり返しました)