不調から得たもの その1

ミニトマト1.jpg

 

 

 

植えてないのにこぼれ種で生えてきたミニトマト。ちゃんと実がついて、とても感激。とっても励まされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こうなる前の私って、なんて幸せだったんだろう。

わかってなかったな。感謝が足りなかったな」

普通に動けて生活できることが、どれほど幸せなことか、

食べられる、歩ける、眠れる、息ができる、しばらく座っていられる

予定が立てられる、家事ができる、草花の水やりができる

PCができる、しゃべれる、電話ができる、痛みも熱もない

 

したいことも、お約束したことも、体が動いて実行できる

 

そしていま、その7割ほどが回復し、

幸福感を噛み締めています。

 

なにか活動してもぶり返さないって、なんてありがたいんだろう。

約束したことがそのとおり守れるって、なんて有難いことなんだろう。

楽しみたいことがやれるって、なんて楽しいんだろう。

身体を動かして行動できるって、なんて心が楽になるんだろう。

 

ですから、もっと長く病と闘っていらしたり、

障害とともに生きていらっしゃる方が、

また、大災害などで、

考えもしなかった生活を長期間強いられている方々が、

一体どんなお気持ちで毎日を生き抜いていらっしゃるのか、

少しは理解が進んだと思います。

 

この経験をカウンセリングに

生かしていきたいです!