「亘理いちごっこ」のお手伝い

           

 これが「亘理いちごっこ」のロゴです。可愛いでしょう!

元々亘理はいちごが特産品。東北一の生産量を誇っています。

しかし、去年の津波の被害は大きく、

既にいちご栽培を再開なさった方々がいらっしゃる一方、

未だに苗を植えられない状態の土地もあります。

皆さんの願いは、以前のように可愛くて美味しいいちごをたっぷりと作ること。

そんな願いと祈りの込められたロゴなんですね。

 

さて、池袋オフィスは亘理の被災者の方々に何をしたらよいか、

ずっと考えてきましたが、

当初考えていた電話カウンセリングは、

同じような活動をしている大きな団体がある(「いのちの電話」など)、

ということで、ひとまずはいったん中止。

 

そして、地元の方が始めていらっしゃる「お話聴き隊」のメンバーに、

傾聴の仕方を丁寧にお伝えし、被災者の方を守ると同時に、

お話聴き隊のメンバーもお守りする、ところから始めることになりました。

カウンセリングは、研修に現地に伺ったときに、池袋オフィスのスタッフが、

直接の対面カウンセリングをいたします。

というより、「もしよかったらお話を聴かせていただく」ということ。

実際にやり始めてみて、さらに良い方法が見つかれば、

随時修正しながら進めてまいります。

 

あれからもう1年3ヶ月に近づこうとしています。

初めはひたすらショック状態だった方々が、

そこからは抜け出たものの、医療費、住宅、就労などの現実に直面することや,

失くしたものの大きさに改めて気付いていくこの時期,

どんなにかお辛いだろうと胸が痛みます。

 

一見、直後より落ち着いて見えるだけに、

ボランティアも減ってしまっているそうですが、

実は、今からこそ、日本中からのサポートが必要なんです。

 

何かしたいんだけれど、どうしていいかよく分からないという方は,

下記のHPをご覧頂くと参考になるかもしれません。

東日本大震災被災地支援の会

        http://shiennokai.or.jp/