嬉しくて嬉しくて

突然ですが、

あの3.11(東日本大震災)のあと、私達の相談室は

宮城県亘理町にある「NPOいちごっこ」さんとの出会いがあり、

ささやかながら、ボランティア活動をさせていただいてました。

 

 

ところが肝心な私が体調を崩し、ほとんど何も出来ないまま、

とても中途半端なところで活動を中止せざるを得なくなり、

大変な悲しみ苦しみの中におられる方々に、却って多大なるご迷惑をお掛けし、

ひたすら申し訳なく、胸痛む思いをしていました。

その思いは今でも続いています。

 

ところがつい先日、「いちごっこ」の代表である馬場さんから、

スマホにメッセージが届きました。

それは私との再会を望んでくださり、私の体調を私を気遣ってくださる、

それはそれは、優しく温かい内容でした。

 

もはやどっちが被災者か、ボランティアかわからない。

と言うより、私のほうが助けられているのは明らか。

ありがたいことです。まさに「有り難い」ことです。

 

この世には悲しいこと、醜いこと、酷いこともたくさんあるけれど、

こんなに心が洗われるようなことがあり、人がいるのも確かです。

嬉しかった、ほんとに嬉しかった。

 

ただ、被災者の方々の強さ、優しさに甘えてはいけませんね。

まだあれから7年しか経っていません。

まだまだ心身の傷から血がどくどく流れているはず。

ある意味、傷はより大きく深くなっているかもしれません。

まるで全てが解決されたかのような報道や、

何事も無かったかのような言動を目にすると、

この国はどうなってしまうのか、不安でたまらなくなります。

忘れるなんてとんでもない。

私も、もう少し体調が戻ったら、出来ることをもう一度始めてみようと思っています。

 

 

(本文とは全く関係ないバラの花々。私にしてはよく写せてるか???)

 

 

 

 

 

2023年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  • お問い合わせ
  • アクセス
ページ上部へ