イタリアでの無罪判決

イタリアでの出来事。

スーパーでホームレスの人が500円程度の食べ物を盗んだ。

第一審では有罪だったが、最高裁では、無罪と言う判決。

「生きるのにどうしても必要なものを少量であれば、それは無罪」

と言う理由で。

あーーー、なんて血の通った、

人間味のある法解釈なんだろう。

これを読んだとき、

「いろいろある世の中、人生だけど、もっと生きて生きたい!」

と心から思えた。自分が温かさに包まれたような安堵感を感じた。

人と人が、傷付けあったり、ののしりあったり、否定しあったりするのではなく、

「お互いに大事だよね」「みんな頑張ってるよね」

「困ったときはお互い様だよね」て

生きていけたら、大体の悩みは消えると思う。

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • お問い合わせ
  • アクセス
ページ上部へ