多岐に渡る30代の悩み!その詳細と対処法について解説

仕事や結婚に家庭など、さまざまな場面でライフステージの大きな変化を迎えることも多い30代の方の悩みは、各方面にわたります。忙しい世代だからこそその悩みは深刻化しやすく、場合によっては日常生活に支障をきたしてしまうことにもなりかねません。今回は30代の悩みについて対処法もあわせて解説します。

1. 30代の悩みあれこれ

厚生労働省が平成22年におこなった「国民生活基礎調査」では、12歳以上の人の46.5%が日常生活において、ストレスや悩みがあると答えています。そして、あると答えた人のなかで、30代がストレスや悩みの原因として以下のような回答をしているのです。

1-1.自分の仕事

男性の回答のうち、70%ほどがストレスや悩みの原因に「自分の仕事」と答えていて、この回答は男性の場合、30代にピークを迎えます。いっぽう、女性のピークは20代ですが、30代でも40%ほどの回答が「自分の仕事」となっています。

それでは、仕事でストレスや悩みを抱える人は具体的に、どのようなことで悩み、ストレスを感じているのでしょうか?厚生労働省の平成19年におこなわれた「労働者健康状況調査結果」を見てみましょう。「仕事でのストレス」がある人の答えたストレスの内容は、「職場の人間関係の問題」が40%近く、続いて「仕事の質の問題」が35%近く、「仕事の量の問題」が30%ほどとなっています。

また、男女別に見ると「職場の人間関係の問題」は、男性が30%ほどであるのに対して女性は50%ほどとかなり高くなっていることに注目すべきでしょう。いっぽう「会社の将来性の問題」という回答に関しては、男性が30%ほどであるのに対し、女性は13%ほどでした。また、「昇進、昇給の問題」に関しては男性が25%ほどで、女性は15%ほどとなっています。

1-2.収入・家計・借金など

男性、女性ともにストレスや悩みの原因として、「収入・家計・借金など」と答える割合は、20代に急激に増加し30代では男女ともに40%ほどとなり、女性は40代にピークを迎えます。そして、男性の場合は横ばい傾向で50代にピークを迎え、その後60代にも高めのまま止まります。このことから、男性にとって収入・家計・借金などのストレスや悩みは、30代以降も続く大きな問題となっていることがわかるでしょう。

1-3.育児

男性、女性ともにストレスや悩みの原因として「育児」と答える割合は、30代にピークを迎えます。とくに、女性の場合は20代で数%だったのに対し、30代に20%以上にまで急激に跳ね上がり、30代の女性にとって育児が大きなストレスや悩みの原因になっていることがわかるでしょう。

30代は初産を迎える女性が多く、産後うつの問題を抱えながら、育児をしなければならない方も大勢いることが予想されます。産後うつ病の問題は深刻で、東京都監察医務院からの報告では、産後の自殺の理由として33%が産後うつ病とされているほどです。

1-4.子どもの教育

男性、女性ともにストレスや悩みの原因として、「子どもの教育」と答える割合は30代から増加し、40代にピークを迎えます。とくに、女性の場合は20代で数%だったのに対し、30代には20%以上にまで上がり、多くの30代の女性にとって子どもの教育がストレスや悩みの原因になっていることがわかります。

1-5.家族との人間関係

男性は全年齢層で10%前後ですが、女性がストレスや悩みの原因として「家族との人間関係」と答える割合は、20代から増え始め30代には20%近く、40代に20%となってピークを迎えます。30代の女性にとって、家族との人間関係は少なからずストレスや悩みの原因になっていることがわかるでしょう。

2. 30代の悩み、どうする?

30代の方はさまざまな悩みを抱えがちな年代です。30代の方が悩みを抱えたらどうしたら良いのでしょうか?おすすめの対処法は以下の通りです。

2-1.悩みを信頼できる人に相談する

悩みを周囲の信頼できる人に相談することにより、悩みが軽くなったり、適切なアドバイスが得られてストレスや悩みに対して適切に対処できたりすることがあります。人への相談は、ストレスや悩みの内容が人間関係に関するものである場合、非常に有効です。周囲に信頼できる人がいたら、思い切って相談してみることをおすすします。

2-2.専門家に相談する

周囲に信頼できる人がいなかったり、悩みを誰にも知られたくなかったりする場合には、カウンセラーや精神科の医師などの専門家に相談することをおすすめします。悩みをひとりで抱えず、相談することで専門家の立場から第3者の意見がもらえ、問題に対して対処する道筋を見つけられるでしょう。

カウンセリングや精神科に対して抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ストレスや悩みは誰にでも無縁ではなく、カウンセリングの場や精神科はすべての人のためにある人場所なのです。

3.まとめ

30代の悩みについて対処法もあわせて解説しました。悩みをひとりだけで抱えていると深刻化してしまうこともあります。ぜひ、ちょっとだけ勇気を出して、周囲の人や専門家に相談してみましょう。きっと解決の糸口が見えてくるはずです。

NPOファミリーカウンセリングサービス「心の健康相談室」は、人間関係や子育て、仕事や夫婦の問題など、お悩みを抱えている方のお話を心理カウンセラーがじっくり伺います。なんでもお気軽にお話しください。ご本人が来られない場合には、ご家族や周囲の方とのご相談にも応じていますので、お気軽にご連絡ください。

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • お問い合わせ
  • アクセス
ページ上部へ