元気をくれたオバサン

今年は〔も)自然災害を含め、悲しい思いをする人があまりに多く、

私自身は何の被害もありませんでしたが、なんだか落ち込んでしまって。

 

ところがつい最近、素敵な人に遭遇。 イケメン?ちゃうちゃう。

 

自宅の最寄り駅の駅前に、超庶民的な食堂、日高屋があるのですが、

その日はどうしてもそこのラーメンが食べたくて、3年ぶりにお店に入りました。

昭和!!!って感じの、素朴で安くて、美味しいあれです。

 

食券を渡してしばし待っていると、隣のオバサンも同じラーメンを食べています。

ああ、やっぱりね、親近感わくな~。話しかけたいくらいな気分。

そこに私のラーメンが出来、2人で同じものを食べ、

当然オバサンは私より先に食べ終わり、

 

と思ったらーーー

 

ナントー、ニラレバ炒めがオバサンのテーブルにドーンと置かれ、

オバサンはそれをどんどん食べ進めるではありませんか!!!

 

若い人ならわかります。でも、多分私より年上だと思う。

そんな人が、すごくおいしそうに、よりによって、ラーメンの後にニラレバって。

 

もう、「親近感」を通り越して「尊敬」「憧れ」「大すきー」

 

そしてしょぼしょぼしていた私の気持ちがすごく楽になりました。

「生まれてきたってことだけで、すごい奇跡なんだよなあ」

「日々悲しいことは起き続けているけれど、いいこともたくさん起きている。

私がしょぼくれた気持ちでいたって、誰も嬉しくないし、誰のためにもならない。

それより食べるもの食べて、出来ることやって、生きていけばいいんだ」

と、改めて当たり前のことを感じて、数日振りに、「よっしゃーっ、やるぞー!」

って思えるようになりました。〔何をやるんだ?笑)

 

どこのどなたか知りませんが、オバサン、ありがとうございました。

 

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • お問い合わせ
  • アクセス
ページ上部へ