「大飯原発 運転再開必要と判断」ひどすぎる!

枝野経済産業大臣は、「大飯原発3号機、4号機の安全性の確保を確認した。運転再開には必要性が存在すると判断した」と述べた。

 

私はあまり怒らない人間だ。相当ひどいことでも気にならない。

でもこれはひどい。あまりにひどすぎる。

想定外のことは必ず起きる。

だから「想定外」と言う言葉が存在するわけだ。

原発は、事故を起こさなくても、

稼動するだけでどんどん地球を壊して行く。

核のゴミの処理方法すら見つかっていないのだ。

恐ろしいゴミが溜まり続けてきたし、溜まり続けていく。

 

もしさらに事故を起こしたら、

愛する人の命と、生活と、人生と

取り返しのつかないダメージを与える。

今度こそもう終わりかもしれない。

 

責任を取れる人などいない。

この動きを容認しては絶対にいけない。

 

日本政府と電力会社、そして原発推進の専門家たちは、

長年上記の政府の見解と同じことを言って、

この狭い地震国に54基もの原発を作り続けてきた。

そして福島の事故が起きた。

未だに多くの方が耐えがたい苦しみの中で過ごしておられる。

 

その涙も乾かないうちに、

その教訓を生かすことも無く、

地震がさらに頻発するようになった今、

何を以って「安全性の確保を確認」したのか、

「必要性が存在すると判断した」のか。

 

怒りとともに、耐え難い悲しみが襲ってくる。

でもそんなことを言っている場合ではない。

私は何をしたらいいのだろうか。

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • お問い合わせ
  • アクセス
ページ上部へ