嬉しい出会い

半年くらい前、偶然ネット上で読んだある青年の日記。

そこにほとばしる才気、感受性、論理性、モラルの高さ、ユーモアのセンス、

誠実さ、高潔さ、ファイティングスピリット、そして人間味。

そのどれもが半端ないくらいすごい。

「この人はいったい誰なんだろう、どれだけのことを体験し、考え、

行動し、どれだけの学びを積み上げてきたのだろう」と

日々更新される彼の日記を読む毎日が始まった。

 

その内容は、社会問題がほとんど。エネルギー問題、震災後の復興について、

選挙制度、死刑制度、生活保護制度、国際問題も含め、

私が普段、7割くらいはなんとか説明できても、あとのツメが甘くて、

どう考え言葉にするのかがわからなかったことについて、

「痒いところに手が届く」ようにわかりやすく説明をしてくれる。

ただただ感嘆してしまった私。

こういう青年がいれば、日本も大丈夫だ!と、今では大尊敬している。

 

その青年と、あることがきっかけで、ネット上の文通のようなことが始まった。

そうしたら、思いがけず彼から最大級の褒め言葉をもらい、

あまりの嬉しさに、私はパソコンの前でスキップし、くるくる回ったりもした。

そう、顔も知らない、声も知らないけれど、これは確かにすごい出会いだもの。

ただ、ここにはちょっと辛い続きがあります。

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • お問い合わせ
  • アクセス
ページ上部へ