手術:泣きっ面に蜂???

何年も前から抱えていた胆石の手術をやっと終えました。

眠れないほど痛む日もあったので、

それから解放されると思うと、嬉しいです。

但し、手術については甘く見ていたー!!!

とても簡単な腹腔鏡を使ってのオペだったので、

「大したことないだろうー」と、余裕で入院したんですが、

手術を終えたその夜、一晩中きつかったー

酸素マスクに心電図用の器具、両脚には「エコノミー症候群」を防ぐための

機械、胴体にはしっかりラップのようなものが巻かれていて、苦しいsad

ほかにも色々管が、、、

傷跡は、あわせて6センチくらいしかないのだけれど、痛い(当たり前ですが)

寝返りをうつことも許されず、腰が痛いよー もう泣きそう(T_T)

時間が経つのが異様に遅く永遠に朝が来ないような気がして、、、、

 

それでも何とか朝が来ました。

 

明るい朝日に少しほっとして、ベッドも上半身を上げてもいいことになり

「おお、これで大分楽になった」と思った瞬間

切った側と反対、左わき腹から背中に激痛が

( ̄◇ ̄;) ガ~~ン!!

「この痛み知ってる」というあの耐え難いのが襲ってきました

「腎結石」「尿路結石」だー 何十年ぶり???

もうあまりの痛みと、「何故今ここで」というショック

あぶら汗が出て、また泣きそうになりました

すぐに痛み止めを点滴してもらったお蔭で、痛みはほどなく消えましたが、、、

そして、術後の翌々日に退院。

痛みと疲れでよれよれでしたが

「回復力がすごいですね」って言われたら嬉しくなって

退院後は順調に回復し、今日はお庭仕事も出来ました。

 

終わってみると、外科技術の進歩の素晴らしさに感動!

さて、次は腎結石をどうするかだな~~~weep

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • お問い合わせ
  • アクセス
ページ上部へ