ネパール続報

2回目の大きな余震の被害が大きかったようです。

最初の地震では何とか持ちこたえた家も、2回目には崩れ、結構な数の犠牲者が出た模様。

「みんな元気」という里子の連絡にほっとしたのも束の間。ほどなく

「今このあたりは大変なことになってる。我が家はまだマシなので、

知り合いにお米やお豆をあげたりしてるんだ。亡くなった人も多い。それに

雨季が始まって、家が壊れた人たちは冷たい雨をしのぐこともできずに、

このままじゃみんな病気になってしまうよ。」という連絡が。

ああ、大変。どうしよう。。。と思っているところへ、さらにびっくりすることが。

彼から

「もし良かったらお金をカンパして欲しい。家をなくした人たちにテントや

暖かい服や毛布をあげたいんだ」と。

今まで、こういう内容のことは一度も言ったことのない、誇り高い彼が

そういうということは、どれだけ状況が厳しいかの現れでしょう。

「海外からの救援は、地方にはほとんど来ない」とも書いていました。

急いで送金をしましたが、きっと焼け石に水。心配でなりません。

 

悲しい出来事ですが、ただひとつ「これは良かった」と思えるのは、

こういう差し迫ったときに、率直に私の家族を頼ってくれたことです。

それだけは良かった、かな。

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • お問い合わせ
  • アクセス
ページ上部へ