生きていると色々あるーーその2

私がお中元など今も送り続けている人の一人が、子どもの頃のヴァイオリンの先生。

後に夫となる人も、その先生のお教室に通っていたので、それが縁の始まりでした。

お仲人も、先生にお願いしました。

 

そう、そのお仲人をお願いしたとき、先生は「主人はお引き受けできないのだけれど、

私だけでよければ」とおっしゃり、お仕事でお忙しいのかなあ、

なんて気軽に思っていた私。

 

でも実際は、娘さんが脳腫瘍と闘っている真っ最中だったのを、後で知りました。

 

何から何まで整った、美しい、素晴らしい生活をされているようにしか見えなかった

ご家族でしたが、

実は、恐れと悲しみと不安の連続だったのです。

そして、娘さんが亡くなられた後は、お声掛けするのもはばかられるくらいの絶望感。

 

その後、悲しみを振り払うかのように、

先生はジュニアオーケストラの指導に情熱を注ぎ、

海外でも演奏会を開かれましたし、

ご主人は何度もイタリアまで修行にかれるほど、ヴァイオリンの製作に没頭なさリ、

外から見たら「なんて恵まれた、おしゃれな日々かしら!」と思われるお二人ですが、

お嬢さんをなくされた心の痛みが消えたことは、一日としてなかったはずです。

 

すごいなー、と感心するのは、お嬢さんへ向けての愛情を、

多くの人にも与えてくださったことです。

誰に対しても、真心から親切に接してくださるのです。

 

私も人生色々ありましたが、そのつど、支えていただき、

励ましていただきました。

感謝!尊敬!

 

 

 

 

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
  • お問い合わせ
  • アクセス
ページ上部へ