歯医者恐怖症(ピンチはチャンス)

歯医者さんが怖くて怖くて、それはもう「恐怖症」といってもいいくらいの私。

心臓がバクバクして、目が廻りそう。多分血圧もすごく高くなってるはず。

 

それなのに、歯が欠けた、というか折れた、というか。

うそーーーーっ!!!

 

しかも、長年慣れ親しんだ、私のこのビビリをよく知って対応してくれていた

歯医者さんが、高齢化で去年医院を閉じてしまったので、

虫歯難民みたいな気分。

 

ああああ、怖い。でも、どこかの歯医者さんに行くしかない。

でも、考えただけで、ぞーっとする。

 

娘には、「馬鹿なこと言ってないで、早く行きなさい」と言われ。

そりゃ、そう言いますよね。

良い年をした大人が「歯医者さんが怖いから行きたくない」って言ったら。

 

もう逃げられない。ネットで近所の歯科事情を調べ、口コミも読んで、

大大大決心をして、清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟をして

ついに予約を入れました。それが先週のこと。

それで、既に2回治療を受けました。

さて、どうなったか。

 

なんと、明るく優しい先生で、丁寧に説明しながら、

適度に話しをしながら治療してくれるので、

思ったより大丈夫な自分を発見したのです。

あら、不思議、我ながらびっくり。

 

まだ、緊張でがちがちなんですが、前よりはずっと落ち着いていられます。

そして、今後、もっと慣れていかれそうな予感がします。

私の一番の苦手、恐怖と、さよならできそうなんです。

 

何がよかったんだろう???

あの歯科医院の明るくてオープンな雰囲気?

担当医の納得のいく説明と腕の確かさ?

決してイケ面じゃないけど、リラックスした笑顔?

(大きなマスクで、ほとんど目しか見えませんが)

 

今の歯は、後2回で治療が終わるので、年が明けたら、

別の虫歯も、勢いに乗って治してしまおうっと。

 

こんなふうに思えるなんて、私の人生まで少し変わったかもしれません。

やっぱり、ピンチはチャンスだな~

 

 

 

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • お問い合わせ
  • アクセス
ページ上部へ