2ヶ月ぶりの亘理ーーその3「復興???」

先ず、私が亘理に伺ったのは、6月末で、もう1ヶ月半ほど前のことで、体調を崩したのはそのあとです。何故こんなことを書くかというと、数人の方から「体調が悪い中、亘理に行ったんですか?」とご質問を頂いたからです。

ここに私が書いた順序から、そのように伝わってご心配をお掛けしたかもしれないので、亘理に行ったときは元気だったことを、改めてお伝えいたします。

さて、今回は「カウンセリングとは」で書くはずでしたが、もう1回、亘理で伺ったお話をお伝えするのが先だと思います。

「復興」はどうなっているのか。

勿論、当初の混乱と比べれば、落ち着いてきた部分があるのは確かです。

いちごっこのお話聴き隊のメンバーさんたちの、心の状態、

活動の様子を見せていただき

なんと力強く、堂々と、お互い助け合いながら生きていらっしゃることか、と感嘆しました。

皆さん、失ったものに捉われて悲しみ続けるのではなく、

「今、これから」に精一杯の力を注いでおられます。

その中のお一人に、流されて何の痕跡も無くなった自宅あとを見せていただきました。

「ここが本当に住宅地だったの?」という驚き。「ここに家があってさ、でも全部なくなっちゃった」と淡々と語ってくださるその方の強さ。でも時間を掛けて、やっとそうできるようになられたんだと思いますよ。

「今から家を建てようと思っても,3年先じゃないとできないんだって、資材も人でも足りないから」って。そんなひどいことあるでしょうか。それまで、仮設やみなしでの、不自由な生活を続けろっていうのでしょうか。

ある方が「誰も大きな声では言わないし,回りへの影響が大きいから,報道もされないけれど、自殺している人が何人かいるらしい」と教えてくださいました。

当然だと思います。昔の生活に戻れる見通しも無く、

かといって新しい生活に進むにもずっと先。

被災者の方の頑張りと生命力で,何とか前向きに進んでいるとは言え、

復興とは程遠い現状です。

オリンピックに使える予算と資材と人手があるのなら、

是非復興に使っていただきたいものです。

そして、私は一体何が出来るのか,改めて考え込んでしまいました。

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • お問い合わせ
  • アクセス
ページ上部へ